読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANAマイル(賢者の石)とファンタスティック旅ガエルの自力旅行計画魔法使いの旅

ANAマイレージ、マイルの貯め方、カード、海外旅行の冒険記、海外旅行(航空券・ホテル・オプショナルツアー)の全自力計画のやり方と世界のニュース等のブログ

MENU

日露会談は「北方領土返還」を実現できたか? プーチン氏と「突っ込んだ議論」と安倍首相、16日に成果公表へ

f:id:tabigaeru:20161216115406j:plain

 

jp.reuters.com

 

長門市山口県) 16日 ロイター] - 安倍晋三首相とロシアプーチン大統領は15日夕、山口県長門市で約3時間にわたって会談した。安倍首相は会談後に記者団に対し、平和条約や領土問題について「率直かつ非常に突っ込んだ議論ができた」と語った。北方領土での共同経済活動をめぐっては、ロシアの高官が「同国の法律下で行う」と指摘し、日本側の主張との食い違いが際立った。両首脳は16日に共同記者会見を開いて成果を公表する。

両首脳は外相などを交えた少人数会合の後、通訳だけを同席させて1対1で協議した。焦点の領土、平和条約締結交渉は2人だけの会合で1時間半以上にわたって議論。夜の夕食会では8項目の経済協力プランの進捗を確認した。

共同経済活動は「日ロ両国の特別な制度」(安倍首相)のもとで行う方針などを含め、具体的な仕組みづくりについても協議したとみられる。元島民の自由な訪問についても意見交換した。

 
 

一方、ウシャコフ補佐官は記者団に対し、4島での共同経済活動に関する声明について40分かけて議論したと説明。ロシアの法律のもと、漁業や観光、医療などに取り組む声明を16日に発表すると述べた。

ロシア側の主張に対し、野上浩太郎官房副長官は「わが国の法的立場を害さないことが前提」とし、会談の結果は両首脳が共同会見で明らかにすると述べた。

<2プラス2必要で一致、次回会合決まらず>

また、少人数会合に同席したラブロフ外相によると、両首脳は外務・防衛担当閣僚会合(2プラス2)の再開が必要との認識でも一致した。中国の軍事的台頭や、北朝鮮の核・ミサイル開発が進展する中、日本とロシアはかねてから安全保障の関係強化を摸索。2013年11月に同会合を開いたが、ロシアによるクリミア併合を受けて中断していた。

ただ、2プラス2の次回会合については「具体的なことは決まっていない」(野上官房副長官)という。 

 

 「突っ込んだ会談が出来た」

 

そう遅くまで会談を開いた印象を疲れた様子で語った阿部首相の様子はあまり晴れやかでなかった。恐らく成果は無かったと思われた。

それもその筈、会談に3時間遅れたのも効いてると思う。しかしちょっと彼が遅れた理由も想像すれば分かりそうな事、単に愚図なのだ。お風呂でも入っていて支度が遅れたに違いない。だってモスクワ出発は夜中だった筈だから(笑)。

 

けれど、会談は上手くいった様な報道が続いています。昨晩、露のパブロフ外相(ラブロフ外相です、本当は)が「ロシアの主権に基づいて経済協力する」と言っていたのだ。やはり会談は完全に時期を逸したと思える。まぁ、ロシア国内向けの立場を誇示するいつもの発言とも良く取れば言えなくも無いけども。しかし良くないことは想像に難くない。

 

北方領土の日本主権を失う世紀の大失策を起こしそうな危険を孕む今回の会談。

 

ここまで日本の世界での知名度を押し上げ守って来た阿部首相にして、まさかそんな日本の誇りまで失う間違った判断をするとは思いたくないが、会談終了後に日本全体をガッカリさせる事の無いよう今回は物別れでも良いから、日本の主権を守って欲しい今日この頃です。

 

会談は東京へ移る模様。

 

必ず、がっかりする事は無いと信じる今週の週末。

会談は続きます。

 

 

 

 

f:id:tabigaeru:20161216115443j:plain