読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANAマイル(賢者の石)とファンタスティック旅ガエルの自力旅行計画魔法使いの旅

ANAマイレージ、マイルの貯め方、カード、海外旅行の冒険記、海外旅行(航空券・ホテル・オプショナルツアー)の全自力計画のやり方と世界のニュース等のブログ

MENU

ソラチカカード。ANAマイルの貯め方必須の最重要カード! その実力と利用方法を解説

旅ガエルとマイレージ工場

ANAマイルを貯める者にとって必須のカード 「ソラチカカード」 を知っていますか?

 

f:id:tabigaeru:20161216174246p:plain


 
ANAマイルを貯める者に取って、取得必須のカード。  ソラチカカード
ANAマイルを高レートで交換して大量に貯めるのに必須アイテムとなるカード。
正に一番最初に取得しておくべきカードで、ANAマイルを大量に貯めるのに無くてはならない史上最強最高カードと呼ぶべき物です。

 

 
正式には、ANA To Me CARD PASMO JCB
と地下を意味する「ソラチカカード」と言われるカードです。
ANA東京メトロJCBが提携したカード。
ANAカードとTo Me CARDとPASMOが一体となっています。
 
カード利用でのOkiDokiポイントと地下鉄利用でのメトロポイントANAマイル90%交換という高レートで交換出来るシステムを搭載した最強カード
他のTポイントルートや他ルートでは50%ー60%止まりなのを考えると現状最強と言うのは過言ではないと思います。

 

最強カードを使う交換方法とは

 
最初の入り口は「マイルを貯めて一円も使わずに夢の海外旅行をもう一度行きたい!」と言うものでした。
 
色んなサイトを調べに調べてたどり着いたのが、ソラチカカード交換利用する獲得したポイント高レートでANAマイルに交換する方法でした。
このカード以上に高レートで交換する方法現在存在しません
それほどANAマイルを貯めて海外旅行に行こうとする者・ANA錬成マイラーには無くてはならないマストアイテムだと知ったのです。
 

f:id:tabigaeru:20161216174456p:plain

 
交換方法は図にするとこうなります。(上図
 
ポイントを生み出す方法についての説明は以下の記事に詳しく書いてあるのですが、単純に説明すると起点の生み出したポイントをソラチカカードに交換して、それをANAマイルに交換するのです。そのレートが90%交換と高レートなのです。
 

東京メトロ利用でもポイントが貯まる優れもの

 

JCBのOkiDokiポイント

 

それ以外にもソラチカカードはカード利用でOkiDokiポイントが貯まりますし、地下鉄の東京メトロ利用でメトロポイントも貯まる優れもの。
 
しかしOkiDokiポイントは、そのカード利用で得られるポイントは1,000円で1ポイント。その交換は、10マイルコースと言う有料コースを選択しても交換レート:1%無料の5マイルコースでは0.5%にしかなりませんので、カード利用でのポイントはあまり期待しないで頂きたいです。

 

東京メトロポイント

 
東京メトロ利用でも貯まるのも利点の一つです。
 
  • メトロ乗車時、平日5ポイント、休日は15ポイント取得。
  • 定期券購入:0.5%(1,000円で5メトロポイント)
  • 自販機の利用:1%(100円で1メトロポイント)
  • 店舗の利用:0.5%(200円で1メトロポイント)
  • 提携サービスの利用(サービスによる)
このレートは高く、多く東京メトロを利用する人にはかなりお得なサービスです。私もこのポイントも利用する理由の一つではあります。
 
そのメトロポイントを他の起点ポイントサイトで生み出したメトロポイントと合算してANAマイルに0.9倍(90%交換)という高レートで交換するという夢のようなカードなのです。まるで石ころを賢者の石で金に変える錬金術のよう。ANA錬成マイルがこれで生み出せると言う訳です。
 
 

カード年会費

 
本 会 員 :初年度 →  無料  (2年目以降 → \2,000)
家族会員:初年度 →  無料  (2年目以降 → \1,000)
 
ボーナスマイル:初年度→入会1,000マイル (2年目更新 → 1,000マイル)
 
OkiDokiポイント 5マイルコース(無料コース)
          10マイルコース(有料コース)以降手数料 5,000円+税
           
年会費にしては安くは無いのですが、初年度無料にして更に入会ボーナス1,000ANAマイルが手に入り、翌々更新年にも更新すれば1,000ANAマイル獲得出来るので、普通の生活では1,000マイルを獲得するのは至難の業なので、年会費についてはポイントサイトのポイントの利用で相殺出来る範囲です。
反対に、JCBカードのカード利用で得られる「OkiDokiポイント」については、調べた当初はマイルに交換出来るのではないかと期待したのですが、手数料\5,000を掛けて10マイルコースで交換しては赤字になりますので、無料コースを選択し、あくまでカード利用は後述の「エクストリームカード」に集中させるのが最善と言えそうです。
 

ソラチカカード交換利用の注意点

 
そんな利点ばかりのソラチカカードですが、利用に際しては注意点もあるので書いておきましょう。
 
  • 1回の交換上限20,000ポイントまで
  • 1か月1回までの交換
  • 申請日に寄って交換ポイントの反映が15日を境に2か月にまたがる事も

 

実はこの点が大量にANAマイルを生み出そうとするANA錬成マイラーには利用にネックになる時もある20,000ポイント交換上限。
それが1ケ月1度の交換回数と言う制限でも引っかかり月の交換を18,000マイルに固定してしまうのが注意点ですね。
しかし上記の上限も来月に交換を回す事が可能なため、それほど欠点と呼ぶほどの物では無いです。
 

ソラチカカードの利用価値最大のポイント高レート交換をズバリ解説

 
前述の起点ポイントサイト「ハピタス」「PointTown」など)のポイントサイトで案件を何件か行い、交換上限の20,000ポイントが生み出されたとします。
そのポイントを経由ポイントサイト「.money」「Pex」など)を経由して「ソラチカカード」に交換。それを最終地点のANAマイルに破格の90%の高レート交換
 
にするとこうなります。

f:id:tabigaeru:20161217171039p:plain

ソラチカカードの交換上限20,000ポイント90%交換され、18,000マイルとなります。
これで晴れて18,000ANAマイル(20,000×90%=18,000)が自分のANAマイレージクラブマイル画面加算される事になるのです。
 

エクストリームカード」と組合せる事で、ANAマイル最強タッグの完成

 
ソラチカカード」には更に利点が有ります。
JACCSカードが運営します「ExteamCard(エクストリームカード)」と言うクレジットカードが有るのですが、それを普段のメインカードとしてクレジット利用をするとします。
するとJACCSカードのサイト「intercom」で1000円で10円分(1%)のポイントが付くのです。
するとどうでしょう。なんとそのポイントを経由ポイントサイトの「GPoint」に交換すると、2000ポイント➡️3000ポイントの1.5倍と言う夢のような高レートで交換出来るのです。
 
図にするとこうなります。
 

f:id:tabigaeru:20161217012522p:plain


 
生活費・光熱費・携帯料金の支払いに登録するようにしてクレジット決済を集中するようにすると、上記の2000ポイントは20万円のクレジットカード利用で実現できますが、携帯料金などの支払い等が高いので大体2ケ月~3ケ月に1回は交換に出すことが出来るでしょう。
それを「GPoint」から「ソラチカカード」に交換し、「ANAマイル」へと交換すると言う形をとる事になります。これぞ、正に錬金術の石を金に変える鉄板ルート。
その為、ANAマイルを貯める錬成マイラーにとっては、正に錬金術が石を「ANAマイル」と言うを生み出す黄金ルートと言えるでしょう。
 
 

ソラチカカードのポイント→マイル交換登録方法ー図解

 
東京メトロ To Me CARD 公式HP入り口
 

f:id:tabigaeru:20161216175731p:plain

1、「会員専用サイト」からサイトに入れます。
 
 

f:id:tabigaeru:20161216175918p:plain

2、ソラチカカードの「カード番号」と「確認番号」を入力してログイン出来ます。
 
 

f:id:tabigaeru:20161216180020p:plain

3、メトロポイントの移行申請」から提携するポイントへの申請が出来ます。
 
 
 

f:id:tabigaeru:20161216180037p:plain

4、サイトの画面内の「ANAマイレージクラブ」申請をクリックすると申請画面に進みます。
 
 
 

f:id:tabigaeru:20161216180103p:plain

5、数量を入力画面に入れるので、例の「20,000」などの上限以下の数量を入力し申請出来ます。数量は「20,000」は「18,000マイル」になる事を表しています。
 
 
 
これで申請は完了です。
 
毎月12日に申請されたポイントが申請日に応じてANAマイルに加算されます。
 
申請が月の15日以前までにされた場合は次月に、それ以降は次々月の12日に加算されることになります。ここの所は東京メトロのシステムのよる所にあると思います。
 
10月12日に申請 → 11月12日に加算。(次月)
 
10月18日に申請 → 12月12日に加算。(次々月)
 
 

まとめると

 
ANA To Me CARD PASMO JCB こと 「ソラチカカード」は、
ANAマイルを貯める錬成マイラーの手にするアイテムの中で、現在、最も優れている 最高・最強の錬金ANAマイルカードだと分かって頂けたと思います。
 
更に、東京メトロを通勤などで頻繁に利用する方にも使い勝手がよく、高レートでANAマイルに交換する事が可能となる最重要カードと認識して欲しいです。
 
更に、継続利用での1,000ポイントのボーナスマイル付与。
そして「エクストリームカード」との組み合わせることで、最高のパフォーマンスを発揮するカードなので、是非、起点ポイントサイトでの最初の申し込みにするのもお勧めします。
 
それでは、ソラチカカード利用で更に多くのマイルを効率よく貯めて、マイルで家族全員で夢のファーストクラス世界一周旅行などに出発しましょう。
 
 
 起点ポイントでのカード申込み方法は下の記事に詳しく書いてます。
 
 

f:id:tabigaeru:20161216192232j:plain

 
関連記事